その他

ノースリーブ着用時の脇毛処理。ぶつぶつや青い跡を残さない為には?

shutterstock_1272057106.jpg肌の露出が多い時期になるとノースリーブなどの服装によって脇が見えてしまうこともありますので、綺麗にムダ毛の処理をしておかなくてはなりません。
脇毛は放置しておけばいくらでも生えてきますので脇脱毛をするようになりますが、自己処理をした後にぶつぶつや青い跡が出来てしまうことがあります。
いくらムダ毛が伸びていない状態だとしても、見た目が美しくなければ堂々とノースリーブを着ることが出来ません。
肌がつるっとした綺麗な状態にならない原因は、自己処理の仕方に問題があります。
ぶつぶつになる原因として考えられるのはカミソリを使用して自己処理をした事が原因になっていると考えられます。
カミソリを使用する時に切れの悪い刃を使用していたり、無理やり剃ることによって肌が傷むのが原因です。
ぶつぶつになる原因として考えられるのは、毛抜きで無理やりムダ毛を抜くことによって皮膚が盛り上がるような状態になったり、毛穴がふさがれるようになります。
毛穴がふさがれてしまうと生えてこようとするムダ毛がうまく生える事が出来なくなる為、埋没毛となり盛り上がった皮膚の中で黒いぶつぶつになってしまいます。
ムダ毛の自己処理をする時には正しい方法で行わなくてはなりませんので、慎重に行わなくてはなりません。
毛抜きを使用する場合はお風呂に入った時などに脇を温かいタオルなどで温めるようにし、毛穴が開いた状態で行う事が大事です。
毛穴を開かせることによって、スムーズにムダ毛を抜けるようになるので肌への負担を小さくすることが出来ます。
毛抜きやカミソリを使用する時には注意点が多い為、面倒に感じてしまうのであれば自己処理で行うよりも脱毛サロンなどに行って施術を受けるようにすれば、肌をいい状態に保ちながらムダ毛の処理が出来るでしょう。
脱毛サロンで行われる施術は肌を傷めないように行われるものになりますので、肌を美しい状態に保ちながらムダ毛の処理が出来ます。