その他

デジタルマーケティングとウェブマーケティングの違い

マーケティングを考えていく際に、デジタルマーケティングとウェブマーケティングいう言葉を聞く機会が増えたという方も多いのではないでしょうか。インターネットが発達し、IT技術を使用した方法を用いることは、マーケティングを行う上で効果的な手法となってきています。しかし、最近になって国内で定着し始めた言葉のため、デジタルマーケティングとウェブマーケティングの違いがよく分からない、という人も多いです。
これらの二つは、言葉だけを変化させたものであって意味は同じなのではないかと思っている人も多いですが、違いがあります。
まず、デジタルマーケティングは、ウェブマーケティングより広い概念だと言うことができます。デジタルマーケティングの中に、ウェブマーケティングも含まれているのです。ウェブサイトやメール、アプリ、SNSなど、さまざまなサービスを利用したマーケティングを包括して表現したものが、デジタルマーケティングです。その他にも、ウェブと連携させてポイントを貯めることのできるサービスを展開させたり、デジタルサイネージなどの技術を利用した広告活動、POSシステムなどもデジタルマーケティングに含まれると言えるでしょう。このように、さまざまな手法があり、その範囲はとても広いと言えます。
ウェブマーケティングは、デジタルマーケティングの中の一つとして考えることができます。バナー広告やリスティング広告を工夫して、より多くの人をウェブサイトへ誘導したり、サイト上の機能やデザインなどを使いやすく構築して申し込みや問い合わせを増やす、どこからアクセスされたかなどを調べて効果測定をするなどといったことが挙げられます。そのため、ウェブマーケティングは、ウェブ上で利用者を増やしたり、広告を掲載したりするウェブに特化した広報活動だと言うことができます。
このように、デジタルマーケティングとウェブマーケティングでは、範囲に差があります。